「断熱」はこんなに大事です!!

●屋根・天井、壁、床、窓、すき間風による熱の逃げる割合


住宅を断熱化しないと、屋根・天井、壁、床、窓などから、冬、大量の熱が外に逃げ、夏には外の熱が部

屋に入り、冷暖房の効きが非常に悪く、エネルギーの無駄使いとなるばかりではなく、大変住みにくくな

ります。

住宅を断熱化すると、冬は外へ逃げる熱が少なくなり、夏は逆に外からの熱が入りにくくなるので冷暖房

が良く効き快適な住環境が得られ、 省エネルギーにもなります。

 

断熱していない住宅

冬

<冬の場合>

 

夏

<夏の場合>

断熱化した場合のエネルギー節約量は地域によって差がありますが、東京地区の例で見ると一般には下図のようになります。つまり暖房に必要なガス、灯油など燃料費は約半分以下となり、冷房のための電力は約3割も節約できます。

                                              

 
















 断熱材の厚さ(mm)
熱伝導率0.04kcal/(m・h・℃)の場合

出典: 財団法人 住宅・建築省エネルギー機構
      「住宅断熱の設計から施工まで」